梅見月ふたよの創作系裏話

創作物に関する独り言を連ねる日記帳

創作全般

描いたら直す! その2

前に描いていたバストアップを縮小して、全身を描き足してみました。 頭の中にあったイメージが、実際に描いてみると微妙にズレてたり、いろんな所でここはどうなってるんだろう? と疑問がわいてきたり。 地面がどうなってて、影はどれだけ濃く、どこまでど…

描いたら直す!

ということで、手癖で描いたタンクトップオーリィードの気になった所を直してみました。 洗面台の鏡に自分を写し見て、ここはこう見えるか、こっちはひねってるかと、確認したんですが。 私とオーリィードの体格が違いすぎて、あんまり参考にならなかった気…

またXでシャドウバンです

小説宣伝垢がシャドウバンされたみたいです。 枝豆がふざけすぎたかな? ただ枝豆と四コマを描いてセンシティブ投稿しただけなんですけども。 正確な理由は分かりませんが、X(旧ツィッター)の『梅見月ふたよ@小説宣伝垢』はバンが直るまで、再びしばらく放…

小説もちょくちょく動かそうかと

現在、七香のお星様と、投稿済み小説の手直しをほぼ同時にやってるんですが。 X(旧ツィッター)の小説宣伝アカウントを開設してちょうど一ヶ月経ったこともあり、小説もそろそろ動かしていこうかと思います。 で、早速小説宣伝アカウントに二つのサイトから…

尊敬や崇敬は内から生じるもの

謙虚な姿勢もそうですが、執ろうとして執るものではない、払おうとして払えるものではない、ましてや他人に説く・求めるものではないなあと、改めて深く感じ入りました。 本当の意味で、この人はすごい、この人を見ていたい、この人を見習いたい、この人のよ…

まだまだぎこちない

七香のお星様、今日も動画にしてみました。 クレアートの個性と質感を意識しながら描いているのですが、うごメモ時代と比べてもまだまだぎこちないです。納得してないわけではないけど、もっとぬるぬるにしたい。 とりあえず、今日の七香はここまで。 午後か…

黄色世界の謎

七香のお星様、今日の分は描き終わりました。 これからお昼ご飯です。その前に。 黄色の花の物語、修正と加筆を進めながら書き出した設定などを読み返しているのですが、ちょっと不思議なことに気付いて首を捻ってます。 オーリィードの実母ロゼリーヌなんで…

執筆アプリをアップデートした弊害

これまでずっと旧型Androidスマホに入れていたアルファポリスの執筆アプリを使って書いていたのですが、さすがにバージョンが古すぎて使えなくなってしまいました。 仕方なく最新バージョンが使えるスマホにアプリを入れて書き始めたら、以前の設定とは一行…

ブログを全体公開に設定しました

こちらのブログはしばらく非公開にしていたのですが、なんとなく気分で公開に戻しました。 自分が何をしたいのか、何をどうしていきたいのか考えた時、『周りを気遣って自分を殺してたらそりゃ何にもできないわなあ』と思い至ったので。 これからは自分優先…

退院しました

厳密に言えば、先日帰ってきて今ようやく落ち着いたところです。 ネット活動の再開にも目処がついたので、まずは日記から書いてみることにしました。 この記事を書くちょっと前にツィッターでも呟きましたが、市販薬を使ったら結構重いアレルギー反応が出て…

文章版ゲシュタルト崩壊

どんなに遅くても昨日のうちには更新しよう! と、意気込んで黄色の花の物語と向き合っていたのですが、目標達成できませんでした。悔しい。 場面自体は見えているのですが、それがどうしても文章になりません。 例えば、下の写真。 散歩中に自分で撮影した…

黄色の花の物語、更新しました

今回の『夏の思い出 IV』は、前回の終わりで書いていた『手遅れ』の真相を、双子姉妹の視点で書いています。 双子姉妹の行動をピックアップしたかったので、それ以外の、感情など内面の情報は極力省いてみました。それにしても、双子姉妹は贈り物が好きです…

黄色キャラで走り描きとらくがき

騎士時代のオーリィード とにかく特攻型で俊敏。 一撃は軽いほうだが、狙い所は的確。 ゲームステータスに置き換えるなら 攻撃力は並、素早さが激高、特技は急所狙い。 クリティカルヒットが常態化している戦士。 踏み込みにためらいは無く、連撃が凄まじい…

今日は誰も居ないらしい

創作界隈では何故か黒歴史化されるらしい、作者とキャラクターの会話。それこそ一桁代の頃から普通にやってきたことだし、現在でも脳内で普通に会話してるから、それのどこが恥ずかしいのかさっぱりわからない電波がここに居ます。 でも今日は誰からも反応が…

走り描きとらくがき

『逆さの砂時計』でらくがきしました。 こちら↓が、よく言う走り描きです。 漫画っぽく枠線を入れていれば走り描き。 そうでなければらくがきです。 と、今、明確に決めました。 今まではその場のノリで、らくがきだったり走り描きだったりしたので。 ↓こち…

試行錯誤中です

前回からまたしても一ヶ月が経とうとしている事実に物凄く焦りを感じています。 おはようございます。 現在『黄色の花の物語』の読み切り短編を二本同時に書いている途中なのですが、順番的には先に出したかった話がどうしても歯抜け状態のまま進まず、かつ…

侍女とメイド

おはようございます。 まだ眠い頭ですが、昨日の続きです。 黄色の花の物語には、複数の国が出てきます。 国の違いは文化の違いでもあります。 だから、ぼうっとしているといろいろ誤認します。 その誤認の一つが、『メイド』と『侍女』の違いです。 黄色世…

おはようございます

家人に合わせて動くことが多い実家暮らし。 昨日、今日、明日は創作お休みで、久しぶりにツィッターを覗き見ています。 良い事、悪い事、考えさせられる事、悲喜交々。 自分には無い視点、何度も目にした論争。 お祝い事や嬉しかった事など、いろんな人が居…

雲を描くのは難しい

なかなか良い写真が撮れないからと、描いてみた青空。一旦完成と思って数日放置してからもう一度見てみたら、なんか青すぎるかなと感じたので 上の絵に黄色を乗せてみたのが↓こちら。 こちらはツィッターで呟いた物です。 見比べてみると、白雲の間に覗く青…

写真って難しい

最近だいぶ散歩に慣れてきました。 散歩と言っても、夕飯の買い出しついでに遠回りでテクテク歩いているだけなんですが。 ここ数日、これは! と思う景色が撮れなくて、写真って難しいんだなぁと感じています。良いと思っても、撮影位置が他人の迷惑になりそ…

星座の不思議

誰が考えたんでしょうね、星座。 何気に大昔から図化されてて、しかも世界中で共有されてるっぽいですが。 顔文字ですら国や文化で違うものになっているというのに、あれ! と指差しても、どれ? と聞き直される小さな点の集まりを、誰が世界的共通認識にま…

雨具の悲劇

今日は一日中雨で、仕方なく普段使わない傘を広げてみたんですが……虫食いになっているわ、黒くて得体が知れないなんらかの物体がぼろぼろ落ちてくるわ、金具部分が錆びているわで散々な状態でした。 それしか無かったので水洗いして使いましたが、布を貼り替…

土日は休憩日

書く時は書くけど、大半の時間は家族に割り振るので土日はほとんど休筆日です。 と公言すると、またズレたりするのでしょうが。 今日のところはお休みです。 薬の副作用か、散歩でほどよく疲れたのか、もうすぐ日没という時間なのに眠いです。寝てしまおうか…

散歩を始めてから見えてきた事

毎日、どこかで何かが変化してますね。 それは中洲の形であったり、開いた蕾であったり。 小さな事だけじゃなくて、雑草が刈り取られた後の見晴らしとか、空気の澄み具合で見えたり見えなくなったりする山肌とか。 晴れた日にしか見えない山なんかもあって、…

笑いながら

お絵描きしたい。 小説書きたい。 まじめな話だけじゃなくて、くだらない冗談とか寒いネタとかを存分に披露したい。 そんな気分です。 でも、どんなにくだらなくても寒くても、クソとかゴミとかは絶対に言いたくないんですよね。 『萌えないゴミ』はジョーク…

残念すぎる散開脳

せっかくカテゴリー作ったんだから活用すれば良かったのに、何故か思いつきもしなかった昨日の記事。散らかすなーと自分に突っ込みながら、編集更新でカテゴライズしておきました。 どんまいどんまい。 現在は聖者の福音IVを書いている最中ですが、途中まで…

女性を表す言葉の代表格

といえば、やっぱり『花』という印象です。何故かは分かりませんが、昔からそんなイメージ。 芍薬、牡丹、百合の花、からきているのかも。 おはようございます。 自作『逆さの砂時計』で、創造神アリアを示す花は白百合でした。 後に知ったのですが、女性向…

ふとした気付き

普段はキャラ任せで、私はあまり意識していない『呼称』の使い分け。 聖者の福音を書いていて気付いたんですが、マッケさんは会話している相手の現在に合わせた呼び方をしてるんですよね。 リブロムはウェラントとベルゼーラの実効支配者だから『リブロム陛…

気付いたら

もう、一日が終わろうとしている……。 あっちこっちの病院巡りで時間が過ぎていった気がしてなりません。朝のうちに小説が少し進んだくらい。 むぅ。なんか悔しい。 更に気が付けば、もうすぐ年末。 年賀状を準備する頃合いですよ。 私は一枚一枚手描きのイラ…

悟りを開く

このままだと、死ぬまでに10作も完成出来ない。 もう、なんというか…… 技術とか読みやすさとか度外視して、まずは放出しよう! そうしよう! 直しは後からでもできる! まずは書こう! とにかく書こう! 新作もどんどん出してしまえ! 仕事終わりにそう決意…