梅見月ふたよの創作系裏話

創作物に関する独り言を連ねる日記帳

黄色の花の物語

描いたら直す! その2

前に描いていたバストアップを縮小して、全身を描き足してみました。 頭の中にあったイメージが、実際に描いてみると微妙にズレてたり、いろんな所でここはどうなってるんだろう? と疑問がわいてきたり。 地面がどうなってて、影はどれだけ濃く、どこまでど…

【黄花のネタバレあり】そういえば……

黄色の花の物語を投稿し始めた時、以前使っていたツィッターのアカウントで『オーリィードの視点ではひたすら猟奇的でアレな内容だけど、ゼルエスの視点で見ると二重・三重の意味がある』的な呟きをしてたんですが。 あれ、もしかして『オーリィードへの暴行…

描いたら直す!

ということで、手癖で描いたタンクトップオーリィードの気になった所を直してみました。 洗面台の鏡に自分を写し見て、ここはこう見えるか、こっちはひねってるかと、確認したんですが。 私とオーリィードの体格が違いすぎて、あんまり参考にならなかった気…

またXでシャドウバンです

小説宣伝垢がシャドウバンされたみたいです。 枝豆がふざけすぎたかな? ただ枝豆と四コマを描いてセンシティブ投稿しただけなんですけども。 正確な理由は分かりませんが、X(旧ツィッター)の『梅見月ふたよ@小説宣伝垢』はバンが直るまで、再びしばらく放…

やっと見つけた!

アルファポリスの執筆アプリ最新バージョンで表示される縦書き。 拡大したり縮小したり、タッチ画面でぐねぐねいじっていじっていじり倒してようやく見つけました、最適サイズ! 一行34文字でした。 こちらは黄色の花の物語から、一部抜粋。 スクリーンシ…

黄色世界の謎

七香のお星様、今日の分は描き終わりました。 これからお昼ご飯です。その前に。 黄色の花の物語、修正と加筆を進めながら書き出した設定などを読み返しているのですが、ちょっと不思議なことに気付いて首を捻ってます。 オーリィードの実母ロゼリーヌなんで…

ネタバレ総括『小説版・黄色の花の物語』

【概要】短編・起章『交わらぬ道』 オーリィードとアーシュマーのすれ違い 短編・承章『鳥籠に咲く花』 サーラがオーリィードに抱く感情の全て 短編・転章『THE・逆転』 黄色の花の物語の答えが全部詰まった話 長編・結章『黄色の花の物語』 全ての謎を解き…

黄色の花の物語、第十二話を修正しました

第十二話の隠し要素は、ティアンとオーリィードの会話でした。猫がどうとかの辺り。あれは、ミウルに繋がる伏線の伏線みたいな感じです。 ふと思ったんですが、もしかしたらオーリィードはティアンが猫と呼んでいる相手がミウルだって、知ってるんじゃないで…

黄色の花の物語、第十一話を修正しました

第十一話の隠し要素というか伏線は、オーリィードのドレスカラーと、馬車から降りたオーリィード達を見た瞬間の周りの反応です。 ウェラント王国はフリューゲルヘイゲン王国の下位に当たる国です。なので、フリューゲルヘイゲン王国の王家が使う『紫色』を、…

黄色の花の物語、第十話を修正しました

恋愛脳メイベルのスキルは、『標的確保』と書いて『ターゲットロックオン』と読む系のアレですね。半径十メートルは、目で捉えなくても気配だけで捕捉できてしまう超能力。ただし、色恋沙汰を連想させる対象に限る、的な。 ごく普通の、どこにでも居る、ちょ…

黄色の花の物語、第九話を修正しました

今回の修正で、王城と宮殿に関する情報と、真相に至るヒントを追加しました。 ウェラント王国でもそうですが、バスティーツ大陸のほとんどの王族は、城に囲まれた宮に居を構えています。機能的にも共通しています。ただし、宮の呼び方は国によって王宮だった…

黄色の花の物語、第八話を修正しました

今回の修正では、グリューエルの名前が判明する時期を早めました。 修正前だと、オーリィード達が決断するまではヘンリー兄妹も自分達の身の振り方を定められないし、場合によっては、オーリィード達を消したほうが良いと考えるかもかも知れないフィオルシー…

黄色の花の物語、第七話を修正しました

第七話を修正した際、オーリィードが追いかけっこ中の周りの様子を加筆して、『独善的な平和主義がもたらす危機意識の欠如』を表現し直しました。 人と人の隙間に殺気が残っているという事は、『フード付きのマントで全身を覆い隠している』『どこからどう見…

黄色の花の物語、第六話を修正しました

第六話に隠し要素はありません。 オーリィードの過去を噂で知ったレクセルが慌てて食堂へ戻り、メイベルに話を聞いた後、落ち込んでいる様子のオーリィードに詰め寄って拒絶された。 という話です。 最後の急展開は、次回への引き。第七話、第八話で、ようや…

黄色の花の物語、第五話を修正しました

実はこの回、全体が隠し要素みたいなものです。 レクセルの視点に合わせて書いてはいますが、オーリィードの目線で見ると、彼女がどんな気持ちでレクセルに言葉を掛けていたのか、想像できる……かなあ……と、思います(自信は無い)。 オーリィードは、元兵士…

黄色の花の物語、第四話を修正しました

『黄色の花の物語』結章は、起章、承章、転章を踏まえた最終章なので、そのつもりで書いていたのですが。 お月様のほうだと、短編、短編、前後編、長編に分かれてシリーズ化しているため、結章から読まれた方には状況が伝わらないと思い、第四話には少しだけ…

黄色の花の物語、第三話を修正しました

おはようございます。 漢字の開き方で失敗、同じ話を二度も更新してしまいました。更新のお知らせが届いた方、朝から申し訳ありません。 行間と一緒に、漢字の開き方や一行辺りの文字数も読みやすいように統一・調整しているのですが、メモが手元に無いと気…

黄色の花の物語、第二話を修正しました

結章の第二話には、結章が後半へ向かうにつれて『あれ? 時期的におかしくないか?』と思って欲しかった所があります。それがこちら。 『そればかりか、実は社交界で旧知の仲だったリブロム王が、サーラ王女を不遇の境地から救う為に、愚王ゼルエスを倒しに…

黄色の花の物語、修正と更新をしました

今日は、結章の第一話を修正して、最新話の『夏の思い出 VI』を更新しました。 第一話の隠し要素は、『標高が高く森林を多く抱えて海とも縁遠い内陸にある王国の市場が国際色豊かである』という事です。 剣士や騎士が活躍するオーリィード達の時代に、鉄道や…

黄色の花の物語、第零話を修正しました

冒頭からやらかしてました、侍女とメイド問題。 ウェラント王国とフリューゲルヘイゲン王国はメイドで統一し直さないと私自身が混乱するので、以降も見かけたら直していきます。 それから、ウェラント王国では寝台、フリューゲルヘイゲン王国ではベッドだっ…

『THE・逆転』の後転を修正しました

前転に比べると、すんなり入れてあっさり進みました。何が違ったんだろう……おふざけ要素? 私自身、言葉遊びとかギャグがすごく好きだから、そういうものがあると話に入りやすい、というのはあるかも知れません。比較的書きやすいダンデリオン=グエンとダン…

『THE・逆転』の修正作業中

一度大々的に(?)手を入れていたから、そんなに修正する場所は無いだろうと思ってたんですが……かなり苦戦しました。黄色の花の物語、起承転結の転に当たる章『THE・逆転』の、前編。 何故か、読み返しても読み返しても、内容が全然頭に入ってこなかったん…

『鳥籠に咲く花』を修正しました

二日分のお仕事をこなしてから修正作業に入ったので、更新が遅くなってしまいました。 今回の話、改めて読み返すと、サーラの心境を描いている一方で、リブロムのサーラへの気遣いが増しています。投稿当時からこっそり秘めていた狙いを、修正で更に重ねてみ…

黄色の花の物語、修正作業中

今日一日ずっと『交わらぬ道』の行間などを修正していました。日付け変更線を跨いでしまったので、もう昨日一日と言うべきですが。 思っていたより時間が掛かってしまいましたが、今日の5時とかに読み返してみて、大丈夫そうだと思ったら更新で適用していき…

黄色の花の物語、更新しました

本日投稿した『夏の思い出 V』で、ようやくグローリア=シュバイツァーが『休暇』の意味を悟ります。 大切な存在だからこそ見えなくなるものってありますよね。グローリア=シュバイツァーにとっては、双子達がまさにそれだったということです。 グローリア…

黄色の花の物語、更新しました

今回の『夏の思い出 IV』は、前回の終わりで書いていた『手遅れ』の真相を、双子姉妹の視点で書いています。 双子姉妹の行動をピックアップしたかったので、それ以外の、感情など内面の情報は極力省いてみました。それにしても、双子姉妹は贈り物が好きです…

黄色の花の物語、更新しました

最新作『夏の思い出 III』です。 次回、急展開!? な終わり方をしています。 しかし、書いている私が絶不調の最中にある為、次回更新には一週間以上かかると思います。と、書いておけばジンクスを逆利用できないかな。 久々に命の危険を感じる程度のめまい…

黄色キャラで走り描きとらくがき

騎士時代のオーリィード とにかく特攻型で俊敏。 一撃は軽いほうだが、狙い所は的確。 ゲームステータスに置き換えるなら 攻撃力は並、素早さが激高、特技は急所狙い。 クリティカルヒットが常態化している戦士。 踏み込みにためらいは無く、連撃が凄まじい…

黄色の花の物語、更新しました

今回の『夏の思い出 II』は、とっても大雑把にまとめると、海に着いた一行が、遊ぶ前に注意事項を確認している話です。 行楽には事前の準備と心構えが必要ですよね。私自身はインドア派なので、行楽自体滅多に行きませんけども。自然界に踏み入ったら瞬で召…

黄色の花の物語、更新しました

一話完結を目指して書いていた『読み切り短編集』の章でしたが、さすがに二万字を超えて『読み切り』は無い。 という訳で、章の名前を『短編集』に改め、今回から長くなりそうな話は分割投稿することにしました。これまで投稿した話も、完結させた後に、読み…