柏木美月(かしわぎ みつき)の創作系裏話

創作物に関する独り言を連ねる日記帳

黄色の花の物語、第零話を修正しました

冒頭からやらかしてました、侍女とメイド問題。

ウェラント王国とフリューゲルヘイゲン王国はメイドで統一し直さないと私自身が混乱するので、以降も見かけたら直していきます。

それから、ウェラント王国では寝台、フリューゲルヘイゲン王国ではベッドだったのですが、これも紛らわしいのでベッドで統一していきます。

 

『鳥籠に咲く花』ではリブロムの性格を隠し要素にしていましたが、第零話にもゼルエスの性格? というかオーリィードへの罪悪感のようなものを隠し要素にしています。語り口がオーリィード目線になっているし、後々の挿絵が引っ掛け状態になってしまったので、こちらは気付かれなかった方のほうが圧倒的に多いと思います。多分。

何故、ゼルエスが語っている時、オーリィードを『背後から抱き締めて』いたのか。

オーリィードの顔(目)を見るのが怖かったからです。

オーリィードは他人の感情に対して鋭敏なところがある子供でした。ゼルエスの感情も薄っすらと読み取っていると感じた出来事があり、それ以後ゼルエスがオーリィードを正面からまともに見れたのは、大切な人達に害が及ぶかも知れないと危惧したオーリィードが自分からゼルエスにすがりつく時か、オーリィードが気絶ないし眠っている時、眠りかけている時だけです。

オーリィードを抱えたゼルエスの絵は、正しくは『気絶しかけているオーリィードを抱えたゼルエスの涙』を描いた物で、あの瞬間のオーリィードはゼルエスの涙など見ていません。頭部になんか落ちてるなとぼんやり感じていたのが、レクセルの涙や態度と重なって「あの感触は涙だったのか」と気付くことになります。

つまり、ゼルエスが本心を見抜かれることを恐れて直視を回避していた為、オーリィードには事実としてゼルエスの涙や悲しげな態度は見えていなかったのです。この辺り、心情と実際の表現が難しくて、ごちゃついてないかちょっと心配です。

こうして書いていくとゼルエスが心を持った普通の人間に思えてきますが、やってる事は極悪犯罪ですからね。事情があったからと言って看過されて良い事は何一つ無い。頭が良いバカって聞いたことある言葉ですが、ゼルエスを一言で表すなら、まさにコレ。ゼルエスは頭が良いバカです。もっと利己的に生きていれば良かったのに、可哀想なおバカさん。

 

今日はお仕事無さそうなので、朝ご飯を食べたら最新話を書きます。そろそろアップしたいです。頑張ります。

 

 

『THE・逆転』の後転を修正しました

前転に比べると、すんなり入れてあっさり進みました。何が違ったんだろう……おふざけ要素? 私自身、言葉遊びとかギャグがすごく好きだから、そういうものがあると話に入りやすい、というのはあるかも知れません。比較的書きやすいダンデリオン=グエンとダンデリオン=グローリアの円満夫婦は、共に男性として育ってきたからか、悪友のノリに近い気もしますし。

ダンデリオン=グエンとダンデリオン=グローリアの絡み方は、だいぶ流れが見えてきましたね。ああ、これぞこの夫婦! と感じるオチ。

逆に、ダンデリオン=グローリアとルビアのペアは難しいです。ダンデリオン=グローリアの前に立ったルビアは、普段のルビアと違いすぎて。でろでろに融け切ったルビアとかもう、可愛いけど貴女誰? 状態です。ギャップが激しすぎます。腹黒皇女はどこへ行ってしまったのだろう。可愛いけど。

 

さて、修正作業が結章に入り、ちょっとの間は読み直す文字数が少なくなるので、最新話の製作もスピードアップできるかなと思います。

『夏の思い出』は、最初ただ家族で遊ぶだけの話だったんですが。プライベートビーチに滞在している間ちょっとした事件を起こして、双子達に活躍してもらおうかなと、急ピッチで着地点を練り直しています。

ひとまず次の話では、ダンデリオン=グローリアとルビアの絡み、さりげなく姿を消したあの人の行方などが軸になります。ピュアなルビアがとびきり可愛いく表現できるように頑張ります。

 

今日はここまで。

おやすみなさいです。

 

 

 

『THE・逆転』の修正作業中

一度大々的に(?)手を入れていたから、そんなに修正する場所は無いだろうと思ってたんですが……かなり苦戦しました。黄色の花の物語、起承転結の転に当たる章『THE・逆転』の、前編。

何故か、読み返しても読み返しても、内容が全然頭に入ってこなかったんです。説明が重複してると感じた所を削ってみたり、言葉選びを変えて文章にリズムを付けてみたりしましたが、多分これ、今の私では力不足ですね。あるいは漫画のほうが相性が良さそう。

もちろん、今の私にできる限りの手は尽くしました。まだまだ成長中なダンデリオン達ですが、楽しんでいただけたらすごく嬉しいです。

それと、お月様のほうに残していた本仕立て風の挿絵ですが、結章で答え合わせまで済ませてあるということで、ヒントはもう要らないだろうと思い、今回の改稿をもって取り下げました。元々半分くらいはお遊び感覚で入れていたようなものですし、挿絵が無くても本文中に散らした答えが機能してくれている筈……きっと……。

とりあえず、明日は後編のお手入れです。最新話も並行してちょっとずつ進めています。

最新話では、ルビアがちょっと可愛いですよ! 逆転時代の黒さが嘘みたいにピュアピュアしてます。これも双子効果だったりして。

 

睡眠時間を削ると後が悲惨なので、本日はここまで。

おやすみなさいです。

 

 

 

『鳥籠に咲く花』を修正しました

二日分のお仕事をこなしてから修正作業に入ったので、更新が遅くなってしまいました。

今回の話、改めて読み返すと、サーラの心境を描いている一方で、リブロムのサーラへの気遣いが増しています。投稿当時からこっそり秘めていた狙いを、修正で更に重ねてみました。

実はリブロム、サーラに『あの子を名前で呼ぶな』と言われてからしばらくの間、本当に呼んでなかったという。結章でも始めのほうは呼ばないようにしていたのですが、気付いた方はおられたでしょうか。

こんな所でこっそりとリブロムの性格を表していた訳ですが、こっそりすぎて、なんかすごく不器用な人に見えて仕方ありません。実際不器用なんですが。

明日は病院へ行く為に、修正作業も最新話の制作もあまり進められない想定です。できるだけ早く帰ってこれたら良いなあと思いつつ、本日はここまで。

おやすみなさい。

 

 

黄色の花の物語、修正作業中

今日一日ずっと『交わらぬ道』の行間などを修正していました。日付け変更線を跨いでしまったので、もう昨日一日と言うべきですが。

思っていたより時間が掛かってしまいましたが、今日の5時とかに読み返してみて、大丈夫そうだと思ったら更新で適用していきます。

今は物凄く眠くて、読もうとしても頭に入ってきません。一回ちゃんと寝てきます。

とりあえず、おやすみなさいです。

退院しました

厳密に言えば、先日帰ってきて今ようやく落ち着いたところです。

ネット活動の再開にも目処がついたので、まずは日記から書いてみることにしました。

 

この記事を書くちょっと前にツィッターでも呟きましたが、市販薬を使ったら結構重いアレルギー反応が出てしまったらしく、人生で初めて、診察開始速攻『入院』という単語を聞きました。

今まで市販薬でアレルギーなんて起こしたことは一度もなかったので、今でもびっくりしていますが。

今回の件は、お世話になった医療関係者の方々へ感謝と謝罪を込め、教訓として頭に刻んでおこうと思います。

 

『調子が悪くなったら、まずは病院へ』

 

そして、入院中にいろいろ考えた結果、今までと同じ事をしていても埒があかないとの結論が出たので、行動を変えていこうと思っています。

もしかしたらバタバタしていると感じられるかも知れませんが、温かく見守っていただければ幸いです。

 

それでは。

 

 

黄色の花の物語、更新しました

本日投稿した『夏の思い出 V』で、ようやくグローリア=シュバイツァーが『休暇』の意味を悟ります。

大切な存在だからこそ見えなくなるものってありますよね。グローリア=シュバイツァーにとっては、双子達がまさにそれだったということです。

グローリア=シュバイツァーが吹っ切れたので、あとは本当に遊ぶだけになります。戦闘シーンはありません。多分。入れてもせいぜいグエン視点の短いシリアスシーンくらいかな。

 

この話を書き始めた当初、言葉にならないし形にもならないし、話として成立しているかどうかも分からなくなって、何度も全消去していたのですが……悩みに悩んだ末、初心者向けの小説の書き方から勉強し直したら、だいぶん筆が進みました。

小説の書き方というより、国語の授業的な物ですが。主語とか述語とか装飾語とか、そういう物。

基礎って大事。本当に大事。

 

ツィッターでも呟きましたが、明日から一週間程度入院してきます。順調なら一週間、必要ならもう少し長く。その間はネット活動を休止します。

どうせだし、これを機会に紙のノートであれこれ整理してみるつもりです。

 

というわけで、今日はここまで。

おやすみなさいませ。